ACTION FOR
JUST TRANSITION

TOPICSトピックス

お知らせ

㈱脱炭素化支援機構をお招きして、オンライン勉強会を開催しました。

お知らせ

三重県尾鷲市でフィールドワークを実施しました。

お知らせ

オンラインワークショップを開催しました。

お知らせ

インプットセッションのレポートを公開しました。

ABOUTこのプログラムについて(概念)

気候変動の影響が深刻化していくなか、世界各地で脱炭素などの対策が活発化しています。

他方で、石油石炭産業からの脱却による急速な産業構造の変化は誰かの仕事を失わせてしまったり、会社を倒産に追いやってしまったり、ネガティブな影響を生んでしまう可能性もあります。

本事業では、そうした短期的・部分的な悪影響を受ける人たちにとっての「公正さ」にも目を向け、行政とも連携をしつつ、関係者をだれ一人取り残さずに持続的な社会への移行=「公正な移行」を目指す中小企業の方を対象としています。

同じ志と視点を持つ事業者たちとともに、未来への戦略を磨き、共に実践してみませんか。

FEATURES本プログラムで得られること

  • 公正な移行に
    対する理解を深める

    環境配慮型事業を進めていくなかで、そのネガティブな影響が誰に・どこに発生し得るのかなどのインパクトを予測する視点を獲得できる学びの機会

  • 仲間たちとビジョンや
    事業計画を
    ブラッシュアップ

    地域社会に配慮した事業開発に向けて、同じ立場である地域の参加事業者と共にビジョン・事業計画などをブラッシュアップできる機会

  • 公正な移行を目指す
    全国ネットワーク

    公正な移行に向けた参加者による自主的な勉強会などの機会や、ETIC.コーディネーターによる伴走支援

  • 実践を加速する
    専門家からの助言

    地域での実践を支える専門家などからの助言機会

PROGRAMプログラムの詳細

概要

脱炭素・環境配慮型のビジネスへの転換の際に、関わる全ての利害関係者にネガティブな影響・不利益を及ぼさないよう配慮して事業を行うことで、地域の持続可能性を高めることを目指す中小企業・団体を支援するプログラム

期間

20234月~20249月末(約1年半を予定)

参加費

無料

申請対象者

  • 地域において街づくりなどで行政と連携した実績のある中小企業(NPO法人、一般社団法人含む)、任意団体

補助対象者

  • 中小企業(NPO法人、一般社団法人含む)

※旅費交通費などの支援については、中小企業(一般社団法人やNPO法人含む)に所属する経営メンバーもしくは社員を対象とします
※経営メンバーとは代表者や理事・役員・事務局長など経営に携わるメンバーを指します

支援対象要件

  • 脱炭素に資する取り組みに対し意欲的であること
  • 自社事業において脱炭素やグリーン化を目指す過程で地域に発生しうるネガティブインパクトについて検討する意欲があること
  • 地域での公正な移行に向けての対話の場や関係性構築などを行う意志があること
  • プログラム期間中、ビジネスプランやアクションプランの策定に対し、必要な時間や資源を投資する意思があること
  • 参加形態に応じて参加メンバーがプログラムに参加できること
  • ほかの参加企業や本プログラムに関わるメンバーに対してオープンな姿勢で臨み、ご自身の知見/ネットワークを共有すること等を通して、ジャストラの広がりに貢献する意志があること

参加形態

本プログラムではそれぞれの地域の実情や中小企業側の意欲に応じた形でご参加いただけるよう、3つの参加形態をご用意しております。各参加形態に応じて参加必須のものが異なりますので、ご理解のうえ、お申し込み時に参加形態をお選びください。

得られる機会 Group1 Group2 コミュニティメンバー
キックオフセッション
(4月19日)
参加必須 参加必須 任意
海外視察
(デンマーク・5月8日~13日)
参加必須
旅費等全額支給(※1)
任意
自己負担にて参加可能
任意
自己負担にて参加可能
国内視察 参加必須
一部旅費を補助(※2)
任意
自己負担にて参加可能
任意
自己負担にて参加可能
参加者同士のブラッシュアップ会 任意
一部旅費を補助
任意
一部旅費を補助
任意
自己負担にて参加可能
参加者同士の勉強会参加 任意 任意 任意
中間セッション 参加必須 参加必須 任意
ETIC.コーディネーターによる伴走支援を受ける権利
専門家などからの助言機会
グローバルセッション 参加必須 参加必須 任意
企業活動に係る情報提供 必須 必須 任意

(※1)Group1については、海外旅費における往復交通費・宿泊費・渡航先内の移動に係る費用を全額補助します。飲食費などは自費になります。
(※2)Group1については、国内旅費における往復交通費に係る費用の一部を補助します。飲食費や宿泊費は自費になります。

Group1はこんな方におススメ

  • 公正な移行をテーマに新たな事業開発をし、地域の雇用を支える産業育成をしたい方
  • 公正な移行をテーマにさらに様々な関係者を巻き込み、包括的な活動を地域で行いたい方
  • これまで手掛けてきた事業をもとに、さらに中長期的な視点で地域のビジョンや事業開発をしたい方

Group2はこんな方におススメ

  • 公正な移行をテーマに事業開発を行う事業者の活動などを勉強したい方
  • 公正な移行をテーマに活動している地域のプレイヤーと繋がりたい方

コミュニティメンバーはこんな方におススメ

  • 公正な移行をテーマとした動きをチェックしたい方

備考

本プログラムにおける補助対象など詳細は公募資料をご確認ください

主催

特定非営利活動法人ETIC.

協賛・協力

J.P.モルガン

SCHEDULEプログラムスケジュール

※記載している内容・時期については今後変更になる可能性があります。

応募フローAPP FLOW

  • 公募資料(募集に関する詳細)を確認

  • 個別相談会の参加申し込み

    随時受付中

  • 「ジャストラ!」申し込みフォームの入力

    ※Group1の募集は締め切りました。
    ※Group2・コミュニティメンバーは募集中!

  • 選考

    「ジャストラ!」申し込みフォームご提出後、順次実施

  • 参加決定

    事務局より採択についてご連絡します。

採択者について

現時点での採択者は以下ページにてご確認いただけます。

採択者一覧へ

REPORT活動レポート

活動レポート

㈱脱炭素化支援機構をお招きして、オンライン勉強会を開催しました!

活動レポート

三重県尾鷲市でフィールドワークを実施しました!

活動レポート

2日間にわたるオンラインワークショップを開催しました!

活動レポート

インプットセッションを開催しました!

活動レポート

海外視察(デンマーク・ロラン島)報告会を開催しました!

活動レポート

日本の事例から考える「公正な移行」推進のポイント

活動レポート

「公正な移行」とは?~世界の動向

活動レポート

キックオフセッションを開催しました

FAQよくある質問

応募の段階で事業アイデアや事業計画を持っている必要はありますか?

応募の段階で綿密な事業計画は必要ありませんが、公正な移行の実現に向けて、自社のビジネスプランなどの策定に対し、必要な時間や資源を投資する意思があることが前提となります。

参加者選考の基準は何ですか?

脱炭素の動きに伴う地域産業や雇用などに対する影響への理解、公正な移行に必要な取組内容等、申込みフォーム記載項目について総合的に判断します。

途中辞退はできますか?

やむを得ない事情に限り途中辞退を認めます。基本は途中辞退はないものとし、ご参加ください。

海外視察はなぜデンマークロラン島なのですか?

デンマークは環境対策先進国として、気候変動の対応など積極的な取り組みを進めており、その中でもロラン島は陸上風力発電を中心に、水素やバイオマスといった新エネルギーへの転換が住民主体によって進められています。

脱炭素や経済のグリーン化に向けたトランジションに係るプロセスやその仕組みを現地で学び、事業者との対話を通して、ノウハウや知見、ネットワークを獲得することを目指しています。

国内視察などの日程・時間帯はどのように決まりますか?

運営側と参加者の予定を加味した上で、日程・時間帯を決定します。すべての参加者の意向に沿えない場合もありますため、ご了承ください。

補助費用の詳細について教えてください

プログラムへの参加費用は無料です。主に海外視察や国内視察に係る旅費・交通費を補助いたします。参加形態により補助対象費用が異なりますので、詳細については別途公募資料をご確認ください。